超革新ひふみ神示

ひふみ神示は、金をかけて先入観を植え付けようとする勢力を称賛などしてません。 「神で食うて行くことならん」ともあります。 虚心坦懐に読んでみてください。

日月神示(ひふみ神示)出版と裏勢力

15日の未明1時(14日の深夜25時)

に、日月神示の全帖アップロードを終えた。

 

その註釈に、霊媒岡本天明先生が

北伊勢に移られた時期について

書こうかと思っていたが、

以前は見かけた北伊勢以前の移転経緯が

なかなか出てこず・・・

代わりに、日月神示出版の裏話を知る人の

ブログが検索にかかった。

 

ブログは2022年の1月から更新されていない。

もしかすると、他界されて10か月ほど

経っているのかも知れない。ただ今は

ブログは健在である。

 

もし他界されているのなら

私がブログを見つけるように

あの世から働きかけられたのかも知れない。

 

道の真実!」 2013年10月25日 17時21分

ttps://ameblo.jp/sonney/entry-11651895814.html

1)私は日月神示刊行会委員長であり、神示を保存していた至恩郷の理事でもあった。後で分かった驚愕の事実。その同志の一人Uさんがかつて統一協会員であり、彼の友人のKは文鮮明を批判した後、行方不明になった。弩!

2)彼曰く「今の日月関連は統一協会と深い関係にある。もし刊行事業で統一の邪魔が入ったら私が出るので安心してください」。彼はその業界の事情をよく知る者であったので嫌われていた。

3)彼の信実なる言葉は、「至恩郷にも出版業界にも統一協会が入り込んでいる」と…。

 

日月神示の顛末と創価・統一支配

2013年2月6日 20時32分

ttps://ameblo.jp/sonney/entry-11465081209.html

日月神示1:私は理事を依頼され「日月神示」の翻訳に心血を注いで

1996年に千部刊行した。だが創価統一は理事を解任した上、仕事も奪った!

 

日月神示4:日月神示の刊行に際してはあらゆる方面の代表者たちが関わった。なんと公安警察まで。国家権力者や宗教幹部たちにはこの事は有名であったかもしれない(笑)。私が日月神示を世に出す作業は創価や統一等の政治・宗教・経済支配に終止符を打つことでもあった。それを彼らが怖れていたのだ!

 

日月神示の総括「云っておかねばならぬ事がある!」

2013年2月14日 23時43分

ttps://ameblo.jp/sonney/entry-11470825433.html

日月神示の総括3》岡本三典さんの収入源はマツリの際の玉串と寄付金であった。生かさず殺さず。二大エージェントはいくばくかのおカネを与えて縛り、手なずけていった。三典さんは突然、ある霊能者のいう事しか聞かなくなっていた。その人の云う事に従っていればなんとか生活できたのだ。終焉なり!

 

日月神示の総括4》虎視眈々と獲物を狙うさまざまな宗教組織。至恩郷の許可を得ないで日月神示を出版する者たちが出てきた。これが後にも今にも尾を引く。橋爪一衛らのグループ。彼らは真光残党であったが後に分裂。その中には有名な中矢伸一がいた。これと対抗していたのがコスモテンの高橋守だ。


日月神示の総括5》太陽出版から出したコスモテンの高橋守は初版本を岡本三典さんと直接出版契約を結んだ人物である。高橋がその後無許可で際限無く出版したので、私は三典さんに頼まれて、新規に500部のみの再契約の代理人になったことがある。だが高橋は契約を破りその後も勝手に出版した。カネ!


日月神示の総括6》高橋守は「ひふみ神示」と称して、日月神示を上下冊

一部15000円で売っていた。三典さんは「一度も著作権料を貰ったことがないのでなんとかしてください」と私に申し入れた。私は代理人として出版契約を結んだが、私が理事を辞めてからは契約通り支払われていないようであった。


日月神示の総括7》一方、橋爪一衛は自分流の解釈でメチャクチな日月神示を許可を得ずに勝手に出版していた。岡本三典さんは私に「なんとかしてください」と申し入れた。私は橋爪に直接会い出版を止めるよう要請した。彼はヤクザのような男を用心棒に連れてきて私に灰皿を投げつけようとした。唖然!

 

日月神示の総括9》これまで述べてきたことはほんの一部である。ここでは言い尽くせない事のほうが大部分である。私は至恩郷の理事であった頃、憂いを抱き、三典さんの許可のもと、1996年、有志とともに一部2600円で日月神示を千部発行(日月神示刊行会編)した。その後間もなく理事を解任されて今日に至る。中矢伸一も私から極秘で入手した。

 

警告「日月神示」をめぐる今の出来事

2012年7月24日 21時02分

ttps://ameblo.jp/sonney/entry-11310926214.html

【警1】ツイッターで「ひふみ神示bot」とか「日月神示bot」とかが見受けられる。これは故・岡本天明の筆によるものとは全く関係がない。一般の人たちはこの見わけが困難であると思うが、今やほとんどのこのようなものを疑う時代となった。専門家の中矢伸一や黒川柚月らが何故指摘しないか。 弩!

 

「ある精神世界やUFO関連で有名な出版社」

の社長は満州馬賊をしていた!

2021年5月24日 18時22分59秒

https://ameblo.jp/sonney/entry-12676453274.html

 

道院・紅卍の総裁S

2014年8月1日 10時55分

ttps://ameblo.jp/sonney/entry-11903074246.html

 

・・・だそうです。

 

真偽のほどは、それぞれに判断なさってください。

いつ消されるか分からないので、

重要な部分を引用して残しておくべきだろうと思いました。

 

よくぞこれだけの事を書き残してくださった。

そして、よく消されないで残っていたものです!

 

 * * * * * * * * * *

 

至恩郷というのは、1955年頃から

他界されるまで岡本天明先生がいらした所です。

滋賀と三重の県境近く、

御在所岳の麓の湯の山温泉郷あたりです。

北伊勢・菰野の地。

・・菰野というと広い範囲で

近年では高校野球の強豪校も出てきましたが。

 

 sonney「あはやさわ☆まなたから」さんに

よると、1994~'95年頃は

様々な新興教団の人が至恩郷に来ていたが

'96年に彼が解任され去ってからは

人が激減したらしいとの事。

 

私は少数の人しかいなくなった時期

多分2007年前後に何度も訪問しています。

 

先生に強い影響力を持つに至った霊能者さんは

おそらくは工作員などではなく、平凡な主婦です。

それに、霊能者というより、ちょっとしたシンクロが

あったという程度の話で。

海千山千が出入りする中、その人の言う事しか

聞かなくなったのは、むしろ不幸中の幸いかと。

 

ただ、その人に日月神示第十六巻「アレの巻」の

原書を見せた所、「お米の話が書いてありました」

と言われたそうで。解説も何もないのに

それでもう、それが正当な解釈として

先生の中では固定されてしまっていました。

 

原書・・・ちらっと見ただで

全文解釈したら異常者ですよ・・・

一八十一@キ七@七@三

〇九十一八十八十八三

「イハトひらきナリナルぞ

まことイハトはトハぞ」

これはまぁ、一八十は岩戸、

〇九十はマコトというのは

知られています。

(@は実際は絵文字で渦。

「の」と同じ方向巻きです。

例文を見て思うのは

@はラ、リ、ルと読まれてる。

であれば、よく出てくる「理」も

原書では@なのか?という事。)

 

他は、はじめて原書を見る人は

他の原書がどう解釈されてるかの

事例なども突き合せないと

即時に断定なんてできないもの

ではないかと思うんですよね・・・

 

でも先生は、ちらっと見ただけで

全部分かるような超常能力者でなければ

何も期待できないかのように思い込んで

いらっしゃった。そこは困った所ではありました。

 

原書そのままの本を時間をかけて見たい。

 

漢数字や絵文字を全て平仮名に

変えた「みことの道」という本も

あるらしいのですが、それだって

見てみたいです。

 

それから・・・先生が印税をもらってないという話

ですが、著作権は50年で失効すよね。現状では・・・

むしろその恩恵を受けて、全文転載サイトが

インターネット上にいくつも存在し

公共の文献として誰もが研究できるように

なっているのは、大神様のおはからい

でもあるかなと思います。

 

神示の自動書記は1944年から

1961年までですからね。

戦中の神示はまさに1995年で50年。

1961年のも2011年で50年です。

 

特定の教団だけのものでなく

古事記日本書紀ホツマツタヱ

などと同じ扱いとなった、とも言える。

(読み下し文しか見れない所が違いますが。

記紀の元になった書が見れないのより格段によいか。)

 

日月神示 第二巻「下(四百)つ巻」

第七帖 (四九)
「この神は信者集めて喜ぶやうな神でないぞ、世界中の民みな信者ぞ、それで教会のやうなことするなと申すのぞ、世界中大洗濯する神ざから、小さいこと思うてゐると見当とれんことになるぞ。

 

そうなると、教主1人を脅せば

解釈がくつがえるという話ではなくなる。

教主が神示の解釈を決めて

それが絶対視され不動という話ではなくなる。

 

神示そのものこそが力

人間の権威・ファシストの支配から

自由になる。皆が、より優れた見解を出せる。

 

最も理のある説が強力になるが

問題は、単純接触回数。

最初にすりこまれた先入観を優先する方ばかり、

「有名人」「権威者」が正しいと決めつける方

ばかりだと、理のない邪論が

「公式」となってしまいがち。

けれど、心の澄んだ人、

公正にサニワ(審神・検証)する人には

理のある説の方が正しいと分かる

 

先生が印税をもらってないという事は

出版は認めたけど金儲けに加担はせずに済んだ

と言えなくもない・・・先生は貧しかったかも

知れませんが、天明先生もそういう状況で

大神様から欲を出すなとたしなめられて

いらっしゃるわけで。

 

 sonney「あはやさわ☆まなたから」さんも

金儲けの出版はよろしくないと

おっしゃっているわけです。

そもそも岡本天明先生の発想というより

大神様からいただいたものですからね。

 

日月神示 第二巻「下(四百)つ巻」

第二帖(四四)

役員と申しても、それで食ふたり飲んだり暮らしてはならん、それぞれに臣民としての役目あるぞ、役員づらしたら、その日から代りの身魂(もの)出すぞ、鼻ポキンと折れるぞ、神で食うて行くことならんから、呉れ呉れも氣をつけて置くぞ。

 

日月神示 第二巻「下(四百)つ巻」

第三十二帖 (七四)
この道ひろめて金儲けしようとする臣民 沢山に出て来るから、役員氣つけて呉れよ、役員の中にも出て来るぞ、」

 

日月神示 第二十巻「ん目(梅)の巻」

第四帖(四三一)
この神示 食物(くいもの)に仕様とて出て来る者 段々にあるなれど、皆あて外れて了ふぞ、アテ外れて神の目的成るぞ、役員殿ブチョウホウない様に氣つけて呉れよ、まつり結構。」

 

ですから・・・加担せずに済んだ三典先生は

大神様から見れば、むしろ幸運だった、

それこそが大神様のお導きだった、

とすら考えられるのではないかと。

 

出版した方々がGLAなどの関係者

という話は、目にする事もありました。

大本教団弾圧の経緯から考えれば

創価公安、CIA統一教会などが関わっても

おかしくない。

 

神示反日カルトの真逆

https://cyrus2.hatenablog.jp/entry/2022/10/11/214249

 

1994年~'95年頃は

まさにオウム真理教事件という茶番が

計画・実行された時期ですよね。

 

創価支配できてる警視庁が捜査を独占することによって、オウムの闇をそのまま闇として葬ろうとした。

https://blog.goo.ne.jp/candy-cats7/e/5a37842fe15f9b6f5ff788854d0413a5

彼等は裁判がろくに進まないのに第七サティアンを取り壊しちゃった。
証拠を取り壊すことによって第七サティアンが本当は覚せい剤プラント(生産設備
工場)であることを隠滅した。

リチャード・コシミズ 大阪講演会2009年06月20日

https://video.fc2.com/ja/content/20180305XqKcXZkv

3,11以前のまともだったコシミズさんの講演の精髄

https://blog-imgs-96.fc2.com/c/y/r/cyrus2/Not-Sarin.jpg

 

問題は・・・統一教会自民党の癒着

批判するふりをしながら

カルトでない宗教団体でも権力が弾圧できる

ような方向に矛先をずらそうとする勢力がいる

という事ですね。

むしろ、それこそが統一教会自民党のやりたい事

ではないかと。

 

実際に政権交代するには、

真の革新政党に誰もが投票しなければ済まない。

おそらく。 ※個人の見解かも知れませんが。

 

保守政党」はみんな、統一教会創価学会

幸福の科学部落解放同盟、世界連邦などと一体

だからです。

 

ちなみに社民系はエセ革新で、体制の犬で、

部落解放同盟と関係してますし

唯一、部落利権を批判してる日本共産党の中にも

隠れ社民は存在してます。世界連邦関係者。

言い換えると隠れ与党ないし隠れユ党。

 

赤軍」とか名乗ってる連中は社民系で

共産党とは関係ないです。

中国政府も日本の共産党とは関係ないです。

むしろRCEP推進してるのは自民党でしょ。

 

なかなか難しい状況にあるんですよ。

でも、皆がそれをありのままに認識・理解

できれば一厘の仕組みは成り

大難を小難に、小難を無難にできるでしょう。

 

ところが、ありのままに見るのが

嫌で嫌で仕方ない、改心したくない

という方が多いから厄介なのです。

 

それが「自尊的」という事ですから。

「自尊的」な方は己を吟味せず

改心を嫌うので破滅しつつある

自虐的な方々に他なりません。

結果が出るまでに、なるべく早く氣づかないと。

 

立憲民主も国民民主も民主党だった頃に

一度有権者を裏切ってるでしょ。

自民党と全く違う対立政党ではないでしょ。

それから11年。大学を出てるような方なら

わかってないとおかしいですよ。

 

小沢一郎反日発言を隠して

保守やエセ左翼ばかり持ち上げる奴は怪しい。

もしくは妄信者。

 

創価学会麻薬ビジネス
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=819898&id=8268837

創価学会自民党田中角栄派とつるんでいたのは

公明党委員長だった矢野絢也さんの「黒い手帳」

を読めば分かるでしょう。

 

田中派は、ほぼB型の集まりであり、

小沢一郎などもB型。

日本には元々存在しない血筋です。

「家庭内野党」の田中真紀子さんはAB型。

 

魔女狩りという茶番

https://cyrus2.hatenablog.jp/entry/2022/11/01/183800

 

Raptなんかが、「家族の同意がなくても

精神病院に強制連行・監禁・薬漬け処刑できる

法律が審議に入った」事を報じているけれど

それ引用してる連中がね・・・そういう

魔女狩り」をしたいと思ってる張本人という

シャレにならない状態です。

 

韓国にあるベトナム人殺戮体験テーマパークが異常過ぎる!

これでも韓国好きな人は完全に病気!

http://www.asyura2.com/12/asia14/msg/317.html

これこそが「ネトウヨ」のやり方、

「自尊的」=他虐的。だから危険なのですよ。

 

今テレビでゴリ押しされてるのなんて

顔に背徳賊と書いてあるようなのだらけ

 

 sonney「あはやさわ☆まなたから」さんが

この世に生きていらしたら、どうなさるだろうか?

それとも、既に「暗殺」されてしまってるのだろうか・・・?

 

分かってるのが私一人ではね・・・厳しいものがあるので

うちの父親などが、ちっとは政界・財界・テレビ業界の

闇の現実を理解してくれると

大分楽になるかも知れないけど、どうだろう。

 

それから、私は真光の御聖言

日月神示ひふみ神示)と同様に

体制批判の革新神=日本古来の神様

神示と見ています。父もそのように

神々からご教示を受けていますし

実際読んでそう思うわけです。

 

教祖様が戦中の軍人気質だったので

行き過ぎた面などはあったかも知れませんが

飛騨一宮の奥宮・位山は

神武天皇に位を授ける神」を御祀りする

特別な所で・・・その神武というのは

東征3代目すなわち応神天皇の事かと。

思い入れがあります。

 

中矢さんとか高橋守さんが「残党」?と

どういう関り方をしてらしたのかは

知りませんが・・・どこの教団にも

統一教会などが入り込むのは

よくある事で・・・だからといって

御聖言の価値下がるわけではないとも思います。

 

神示渡来人批判ネイティヴ日本人尊重

全然保守的でなく、超々超々超々がつくほどの

超革新ですからね。

 

はじめに出版するのも大変だったでしょうし

当然の正しい解釈をひろめる私も迫害を受けています。

もし更新が無くなったら・・・

他殺の可能性が高い、と考えるべきですね。

これまで既に何度か暗殺は未遂に終わってると思いますが。

(旅先、停電中、帰宅途中、歯科医の注射、などなど・・)

今住んでる所はおそらくヤクザの縄張りの関係で

簡単には手が出せない所のようで、

(だから賊どもは実家の九州に引っ越させたがっている。)

それで寝てる間にエアコンで冷凍とか、

ろくに暖房が働かないとか、騒音などもふくめ

ストレスを与え続けるとか、家族に圧力をかけ

精神病院に入れようとするとか、実際いろいろ

やられてるので、法律改悪されたら即死かも

知れません。そういうファシズム体制に

投票してるのが自民・公明の支持者だし

他の「保守政党」に投票するのだって

たいした違いは無いんですよ。

みんな日韓海底トンネルとかに関わってるから。

共産党以外はね。

真実は、およそ大本営発表の真逆。

 

それが信じられないという方は

未だに統一教会自民党の関係を

認めたくない方と同じでしかない。

 

「よく知られてる通説」と反対の事を

いう人の方がおかしいわけではない。

きちんと理があるんですよ。

 

確かめもせずに抹殺しようとする方がおかしい。

それこそがファシスト脳、カルト脳だぞ。

 

神示もそういう話です。

 

日月神示 第六巻「ひつ九(日月)の巻」

第三十六帖 (二〇九)
今の臣民見て褒める様な事は皆奥知れてゐるぞ。之が善である、まことの遣り方ぞと思ってゐる事九分九厘迄は皆悪のやり方ぞ。

(・・・中略・・・)

此の神示は世に出てゐる人では解けん。苦労に苦労したおちぶれた人で、苦労に負けぬ人で氣狂いと云はれ、阿呆と謂はれても、神の道 素直に聞く臣民でないと解けんぞ。解いてよく噛み砕いて世に出てゐる人に知らしてやりて下されよ。苦労喜ぶ心より楽喜ぶ心高いぞ。」

 

悪い順に持ち上げ、ましな順に叩く奴らを

妄信してる方ばかりだと危うい。

 

そこら中に人殺しがいるような社会です。

そういう「体制保守」システムがある。

ナチス的、蛮賊的、カルト的な、ね。

幽界(がいこく)の有り様。

神国的・宗教的ではない。

 

いわゆる「集団ストーカー」などなど

背徳カルト蛮賊(反日体制保守)の手口

http://cyrus2.blog.fc2.com/blog-entry-455.html

 

私は前世が義経公だったとしたら

梶原景時の讒言を妄信した兄の

命令で殺されてるわけだし

上杉謙信公にも、暗殺された疑惑があります。

(跡継ぎ候補の上杉景虎が小田原北条からの

養子だったため、姉の子とその部下などが

容疑者だという。)

記憶もない前世・昔の話や仮説ですし

あの世では、もう謝罪も改心もなさって

いるでしょうし、本当だとしても

今生の私にわだかまりなどありませんが。

(むしろ今は彼らこそが私を守護してくれている

神霊集団の中で主軸になってる可能性もあるわけで。)

 

やれる事をやるだけです。

人事を尽くして天命を待つ。

祈りながら、考え、

祈りに一致した行動をとる、努力をするだけ。

 

今の自分にできもしない事をやろうとは思わないし

実際よりよく見せようという気もない。

ただ、もう少しくらいは成長すべきなのかも知れない。

ただ前世では「悪を憎むこと甚だしい」と評されている

そうで、そこは今でもなかなかに難しい所。

 信玄公は「大将らしからぬ」とおっしゃるよう

 だけれども、それらしく見せようという指向が無い。

 謙信公はAB型だったらしいので、一応A型の今生より

 短気でもおかしくないし。B型は藤原系の血。

 

父は初め、他の知り合いを

義経公の生まれ変わりとか言ってたんですよ。

その方「も」分霊かも知れませんが。

ところが、私がサイババのアシュラム(道場)で

とある人物と会った事をインターネットで書いた

ところ、イニシャルしか書いてないのに

すぐに、とある古戦場に出かけた。

こういう事をこういう記事で書くからには

もうイニシャルも書かず、仮にXさんとしますが

Xさんは私の事を、どうも貴人・主君のように

感じる、とか言っていたんですよね。

父の信者さんの中にも、私を見て

「きっと、この人が噂の義経さん」と

思う人がいらっしゃったりして。そういう経緯が

いろいろあるので、前世の記憶などなくても

そうなのかもな、と思っているわけです。

 

自分の命に従う人が、ある程度の数いれば強いかと。

万人が指示に従うなら、革新はたやすく見える。

改心しなければ日に日に状況は悪くなるばかり。

 

大本営発表よりも「理」をとるかどうか、の問題。

 

既にインターネット上の広告バナーは

ほぼ朝鮮顔しか出ない、という事に

疑問を持つくらいの人だらけにならないと、ね。