超革新ひふみ神示

超革新ひふみ神示

ひふみ神示は、金をかけて先入観を植え付けようとする勢力を称賛などしてません。 「神で食うて行くことならん」ともあります。 虚心坦懐に読んでみてください。

悪の世を 善の世と 思いたい方

明日から侮辱罪厳罰化という事で、もう少し政治・経済や歴史にふれておきたいと思います。

少しは事実を前提にしないと、ひふみ神示の解釈も陳腐な机上の空論に堕してしまいます。

 

徳治主義は「徳のある」人には
「良い結果」が訪れるという理屈
https://nihonsinwa.com/page/860.html

徳治主義というのは「徳のある人が統治者になると国が栄える」というものです。これは統治者に関わらず、国民全体に浸透しています。よって韓国ではこの徳治主義が倫理の基礎となっています。

それで庶民にとっての徳治主義をというのは、何か良い結果があれば、それはその人に徳があったからということになります。逆に悪い結果があれば、その人に徳がない、つまり、悪い人であるか、もしくはバカということになります。

 

実際はどうでしょうか?

未だそうなっていない場合もありますね?

原因が結果となって表れるのは、

まだまだこれから、という事もある。

 

ひふみ神示は、「すでに善人による完璧な支配体制が確立されている」という話ではありません。末法の世の悪がのさばっている、神はこれから復活する、という話です。どこまでも革新です。

 「体制保守」の方々は、ここを根本的に取り違いしています。神示をありのままに読んでいません。


「現状、既に、善人の徳によって社会が治められている」というのは、事実に反する。悪がのさばっているのに、それを認めず、善人だから成功してるんだという嘘でごまかしている。

 

 「認知的不協和」を詭弁で解消して済ませている。現実を直視していないと思います。

成功哲学」は、権力者の実際を無視し、悪事を隠した戯言です。

 

第二次世界大戦で、ヨーロッパを焼け野原にしたナチス・ドイツアドルフ・ヒトラーの活動資金は、ブッシュ大統領一族が出していた。

http://mdcjbu.blog88.fc2.com/blog-entry-321.html?sp

ヒトラーの資金源=金庫となったドイツのシュローダー銀行は、その運営をブッシュ=ロックフェラーシティバンクが担当していた。

その中心はブッシュの腹心の部下で、後にCIA長官になるアレン・ダレスであった。(・・・中略・・・)

ヒトラーにより焼け野原となったヨーロッパを「復興」するため、戦後ヨーロッパの道路、橋、鉄道、港湾等を建設し直す一大事業がマーシャル・プランとして実行された。その膨大な建設工事を銀行ブラウン・ハリマンが独占した。ハリマンはブッシュ一族の銀行である。
 ヨーロッパを「自分で破壊し、自分で再建した」ブッシュ一族は、戦争=軍事産業で金儲けし、復興の建設工事で金儲けをした。全て「自作自演」である。

 

このような指摘をすると、改善の必要性を直視したくない方々、今のままでよいと思っていたい方々は、逆ギレしてしまう事も多いですね。

 

認識を変えたくない、世の中は善に満ちてると思って楽な気分でいたい、闘う姿勢をとるのは心身ともに疲れる、みたいな・・・そういう、問題から目を背け、改善努力をしないのが良い事みたいに言われている。

 

 革新的な宗教家は、なかなか見かけません。けれど、イエス=キリスト様はユダヤ教の改革者だったし、お釈迦様はバラモン教の改革者だった。天理教中山みき様も、大本教出口なお様も、革新的なわけです。

「保守」として始まる宗教など、どこまでさかのぼれば存在するのか・・・歴史上は、存在してないのではないかとすら思います。

 

ひふみ神示 第廿二巻 「ア火ハ(アホバ)の巻」
第十五帖 (四八四)
「今迄は大地の先祖の大神様の血統を落して了ふて
途中からの代りの神でありたから、
まぜこぜしたから世が乱れに乱れて了ふたのぢゃぞ、
知らしてあらうがな、よくなっとくしてくれよ、
人民 皆その通りになってゐるのぢゃ。」

 

ひふみ神示日月神示)にしろ、大本神諭にしろ、

天理教のおふでさき・とめふでにしろ、

全てこの調子なのに、神々を「革新」でなく

「体制保守」だと思い込んでいる方々は

大きな勘違いをしていらっしゃる。

大本営発表に騙されています。

神示や神諭やおふでさきは、大本営発表

先入観を捨て、虚心坦懐に、まっさらな心で

ありのままに読んでみよ、という話ですよ。